2017年06月01日

<シニアわんこの介護生活 ~座談会開催のお知らせ~>

赤羽院浅川です。

今日は皆さんに告知をさせていただきます。

先日ブログでシニアわんこの話をさせていただきましたが、まだ介護をしている時にお世話になった老犬本舗さんというシニアわんこに特化した、老犬介護施設の皆さんと知り合う機会があり、我が家の子が亡くなった後も色々と交流をしていました。
そんな中で、老犬介護にとても困っている方が、相談する場もないという状況にあり何かできないか?というところから昨年より、情報の提供・交換を行う場として勉強会と座談会を不定期開催してきました。

7月29日(土)に座談会を開催することになりましたので、皆様の参加をお待ちしています。


詳細はこちらより老犬本舗さんのサイトから確認をお願いしたいと思います。

http://www.roken-honpo.com/topics/610/


今回行う座談会は、気軽に悩みや日頃のグチをぶつけつつ、相談していただけたらと思い開始しました。
前回の会では、我々に対してだけでなく、参加者の方同士でも「それはこうがいい」といった話も出来るような雰囲気で盛り上がりを見せてくれました。

獣医師の立場と介護士という違った立場から相談・アドバイスできる場はそう多くはないと思います。

すでに介護をしている方はもちろん、興味のある方・これからケアが必要になるかもしれないといった方も大歓迎です!!




posted by ピジョン at 11:06| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

猫の写真のあれやこれ

赤羽院浅川です。

ここ最近動物病院のブログっぽい内容のことを書いていますが、今回はそうでもない話を。

昨日NHKの某番組で動物写真家のあの有名な人を特集していたので、チラチラ見ていたんですが、やっぱプロですよね〜。

猫の可愛い・良い写真を撮るのって難しいですよね・・・。
我が家には黒猫と茶トラ(白多め)の2匹がいるんですが、明らかに写真の出来栄えに差が出ます。




例えば。。。
IMG_0412.JPG
なんかいちいち可愛い恰好でいるんですよねこっちは。



一方
IMG_8895.JPG
黒団子。
大体いつも。




例えば・・・
IMG_8894.JPG
憎たらしい。狙ってんじゃないかってくらい。



一方
IMG_8899.JPG
やっぱり団子。



悪意があるので探してみたんですが、ようやくこれ・・・
IMG_8410.JPG
悪くないがすごく腕が長い。




IMG_3545.JPG
ちゃんと撮られるんです。



黒猫の写真て・・・きっと黒猫飼い主さんは皆思っているでしょう。
全然可愛く写らないと・・・

IMG_6775.JPG
なんかなぁ・・
顔が可愛く写らないんですよね。


IMG_8897.JPG
このくらいの感じがいいですね。

皆さんは黒猫の写真どうやって撮ってますか??
posted by ピジョン at 12:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月パピーパーティー開催のお知らせ【わらび院】

こんにちは


6月のパピーパーティーの日程が決まりましたのでお知らせ致します


6月4日の日曜日12時からと6月25日日曜日の13時からになっております

4日は既に予約がいっぱいになっておりますが、25日の方はまだ空きがございます



参加対象は
生後5か月齢までのわんちゃん
ワクチンは最低1回は接種している子
元気で健康なわんちゃん

が対象になります


興味のある方はご参加お待ちしております

参加費用:1080円(税込)
時間:1時間を予定してます
場所:わらび院

要予約になりますので、事前にわらび院までご連絡下さい

☎048-261-0102
☎048-261-0800


ご予約、お待ちしております
posted by ピジョン at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

シニアわんこの話

赤羽院浅川です。

最近猫の話が多いですが、以前はわんこも飼っていました。数年前に16歳で亡くなったのですが、亡くなりまでの1年半の間、認知機能不全による症状と闘いながら、介護を続け看取りました。

いわゆる”ボケ”と表現されることが多いですが、徘徊・夜泣きといった行動の変化が徐々に見られ、歩行・食事の補助が必要になっていくことが多いです。そんな中で飼い主さんも、日々のケア・夜泣きなどによる疲労でどんどん心身ともに追い詰められてしまうケースもあります。
残念ながら治すことはできないので、いかに付き合っていくかが重要かと思います。

動物病院に行っても「どうせ年だからしょうがない」などといった心無い言葉を貰うだけだったという、悲しいお話を聞くことも多いのが事実です。
いかに今の状態を理解しながら、日々を過ごすか。家族だけ・あるいはご家族の中でもお一人だけの負担では、確実に参ってしまうでしょう。うまく病院や預かってくれる施設さんを利用しながら、少しでもいい時間を送れたらと思います。

IMG_0118.JPG
ひどかった夜泣きも亡くなる少し前から無くなり、穏やかな最期を迎えました。


IMG_0114.JPG
ドアップもへっちゃらなトラ。
posted by ピジョン at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

猫のご飯のあれやこれ

赤羽院浅川です。

我が家には2匹の猫がいるんですが、猫オーナーの皆さんは毎日のご飯をどのようにあげていますか??

ワンコなら1日1〜2回をあげて、大体すぐ食べ終わるって流れだと思いますが、どうも猫はそうはいかない子もいます。
よく皆さんに、ご飯の回数や1回量の相談をされます。きっちりあげたらその分を食べてくれる子ならいいのですが、いわゆる「ダラダラ食い」というのをやられると回数や量の管理がとても難しくなります。
ちょっと食べて→やめて→また気が向いたら食べるってやつですね。

またもかく言う我が家の猫たちですが、完全なるダラダラ食べ猫。
お皿にご飯がないといつご飯の袋をカリカリするかわからず(どこにおいても執拗にやるんですよね・・・)
いつの頃からかそんな風に・・・。

お話を聞くと、一定数のご家庭で仕方なく我が家と同じようなご飯になっているようです。
個人的には「まあ仕方ない!」と思っているんですが、体重管理が難しくなるんですよねこれ。
ダイエット用ご飯にしてなんとか、なんとか、なんとか!ちょっとポッチャリな我が家の”じじ”と”もちゃ”です。
IMG_8855.JPG
いい背中。

病院では、ダイエット用ご飯のサンプルをご用意しています。
試してみたい!という方は是非ご相談ください。




IMG_0111.JPG
どんどん慣れていくトラ。とうとう台に載せても降りなくなりました。
posted by ピジョン at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする